1. ホーム >
  2. 全国信用金庫協会について >
  3. 全信協会長の挨拶

全国信用金庫協会について

  • 環境問題への取組み
  • テレビCM紹介

全信協会長の挨拶

私ども信用金庫は、昭和26年(1951年)6月の信用金庫法公布・施行により、中小企業ならびに地域住民のための協同組織による金融機関として誕生いたしました。以来、中小企業金融の円滑化と地域経済の発展、繁栄に貢献してまいりましたが、現在では、130兆円を超える資金を地域の皆さまからお預かりし、地元の中小企業を中心に65兆円強の資金をご融資するなど、地域経済社会に確固たる地位を確立しております。

21世紀を迎えた今日、わが国は、構造改革という大変革期を迎えており、この厳しい状況を克服し、豊かな未来につながる新たな経済社会を構築するには、中小企業の再生・創成と地域の活性化が不可欠です。私ども信用金庫は、今こそ、地域の皆さま一人ひとりが力を合わせてつくりあげる使命共同体の中核として、皆さまの負託に応え、信用金庫の役割を果たしていかなければならないと考えております。

信用金庫はこれからも地域の皆さまにとって最も身近で、安心して頼れるパートナーとして努めてまいります。このホームページを通じて、Face to Faceの信用金庫に対する理解をさらに深めていただければ幸いです。

一般社団法人全国信用金庫協会 会長 佐藤浩二