1. ホーム >
  2. 金融教育コーナー

金融教育コーナー

  • 環境問題への取組み
  • テレビCM紹介

お金を上手に計画的に使おう

はじめに

世の中には、当面、大きな出費を予定していない人もいれば、持っているお金より多くのお金を必要としている人もいます。
当面大きな出費を予定していない人は、必要なときまでそのお金を信用金庫などの金融機関に預け、利息によってそのお金を増やすことができます。このように、預金などによって手持ちのお金を少しずつ増やしていくことを「貯蓄」といいます。

また、持っているお金を増やすには、貯蓄の他に、株式や投資信託などを買うという方法もあります。これが「投資」です。
貯蓄と投資の違いについては、以下の<貯蓄のお話><投資のお話>をご覧ください。
一方、信用金庫などの金融機関は、お客様から預かったお金をお金が必要な人に貸し出します。これが「融資」です。
このように、お金に余裕のある人(個人や企業など)からお金を必要としている人(個人や企業など)に、お金を融通する働きのことを「金融」といいます。



このページの先頭に戻る